漫画「月曜日の友達」僕らだけの月曜夜の校庭。私達だけ、子供のままだ。

 今回は阿部共実さんの漫画「月曜日の友達」をネタバレ無しでご紹介します!

 

【目次】

 

あらすじ~はぐれ者の君が私にとっては特別

f:id:nenta-moyori:20210303005043j:plain

 中学。小学とは別世界。皆が大人になる。心が一人になる。

 誰もいない月曜日の夜、校庭。その日、沢山の机が置かれて、色とりどりのゴムボールが宙を舞っていた。そこで出会ったんだ。かけがえのない特別と。

 

 

読みやすい2冊完結~2巻からが醍醐味! 

f:id:nenta-moyori:20210303005017j:plain

  まず、読了までの時間目安です。個人談ですが、僕は普段漫画よりも小説をよく読むのですが、今回この「月曜日の友達」を読んで漫画の読みやすさに改めて気づきました。僕の読むスピードは小説ならばだいたい1冊6時間程度。それが漫画だと、計測したわけではないのですが1冊1時間もかからなかったと思います。なので2冊で2時間、時間で言えば映画を見るようなものでしょうか。

 さて、内容の読みやすさですが、主人公が個性的なこともあるのか、作者・阿部共実さん節なのか、文には少しお硬い感じのところもありますが、小説のような表現力と趣があります。初めは少し違和感があるかもしれませんが、読んでいくうちにいつのまにか慣れていくと思います。

 

子供と大人の狭間で...

f:id:nenta-moyori:20210303005007j:plain

 中学1年生。学年が1つ上がったことに小学校とは変わりありませんが、自分を取り巻く環境、自分に求められるものには驚くほど変化がある時期です。それは地域にや人によって様々ですが、例えば、同級生も先生も知らない人ばかりになり、窮屈な制服を毎日着て、勉強はより一層難しく複雑になる、など。そして何より、周りも自分も急に大人へと近づいた気がします。とはいえ中身はまだ子供。そんな眩しくも目まぐるしい日々が始まるのです。

 僕は中学に上がるときに引っ越したので、周りには本当に知らない人ばかりでした。一人きりの昼休みが苦痛で仕方なかったことを今でも覚えています(笑)。

 「月曜日の友達」の主人公・水谷も中学1年生。周りの友達が急に大人になったことに驚きを感じつつも、彼女なりの日々を乗り越えていきます。

f:id:nenta-moyori:20210303005259j:plain

 

独特の切なさ、人恋しさ

f:id:nenta-moyori:20210303013455j:plain

 社会人として忙しく毎日を生きていると、ふと忘れていた昔のことを思い出す瞬間があると思います。まだ幼かった小学生、中学生の自分。様々なタラレバが過りつつも、胸が締め付けられるような切なさや甘酸っぱさが胸にあふれて、「あの頃に戻りたい」と呟いてしまうこともあるかもしれません。何年もあっていない親友や恋人の顔が出てきて、今どうしているのか知りたくなることもあるでしょう。あるいは、葛藤を抱えながらも一生懸命に生きる少年少女の自分の姿が愛おしくなるかもしれませんね。

 そんな胸がキュッとなるけれどその一方で安らぎのある感情が、この作品にも僕は感じ取れました。羨ましくなるほど素晴らしい出会い、友情、思い出が2冊に詰まっています

 

キーパーソン・月野というキャラクター

f:id:nenta-moyori:20210303005319j:plain

 主人公・水谷茜と共に「月曜日の友達」には欠かせない人物・月野透。陶器人形のような容姿を持つ美男子です。周りを寄せ付けないクールな印象ですが、無邪気で可愛い子どもの一面もある不思議な男の子。物語を読み進めて彼が放つ独特な雰囲気と彼の背景を知る頃には、月野少年の魅力は一層際立っているはずです。

 物語を読み終えた後、僕の胸には「俺も中学生の時、もっと月野みたいに深く物事を考えられたら、違ってたのかもな。」と少々の後悔がこみ上げましたが、それで良いのだと思うことにしています。今の自分を全面的に肯定するわけではありませんが、あの頃の自分がいたからこそ今の僕がいるのです。あの頃の僕でなければ、僕は僕ではないのです。

 

夜、学校、超能力、不思議な世界観

f:id:nenta-moyori:20210303013450j:plain

 水谷と月野の出会いは多くの読者にとって実に印象的であったはずです。夜の校庭に何故か机、そして宙を舞う色とりどりのボール。その中で2人、ばったり。月野は「自分は超能力が使える」と言いますが、そもそも超能力なんてあるのか。その真相を追うのも物語を楽しめる1つの要素です。

 何はともあれ、ラストには幻想的かつ感動的な風景を読者は目撃することになります。個人的にはそのラストの月野の台詞に胸を打たれました。僕が当時求めていた言葉がそこにあったからです。

 

漫画「月曜日の友達」を楽しむためのプラスα!

f:id:nenta-moyori:20210303005029j:plain

 読んでいくうちに気づくと思いますが、登場人物を集めると月火水木金土日と1週間になります。そのうちの火と木を2つも占める「火木」という女の子が登場するのですが、彼女はあなたの目にはどう映るのか。

 

番外編がamazarashi「月曜日」PVにて公開!

 amazarashiというバンドはご存知でしょうか?僕が大好きなバンドなのですが、人によって好き嫌いはけっこう別れます。

 まあそれはともかく、そのamazarashiの曲に「月曜日」というものがあるのですが、なんと今回ご紹介している漫画「月曜日の友達」の主題歌なのです。アニメや映画などでは主題歌とはよく聞きますが、漫画に主題歌があるというのはあまり聞かないかもしれません。少し調べたところによるとどうやら、作者の阿部共実さんはもとよりamazarashiのファンで、逆にamazarashiのボーカル・秋田ひろむさんは、阿部共実さんの過去作「ちーちゃんはちょっと足りないf:id:nenta-moyori:20210303005309j:plainが好きで、という偶然もあってかこのようなタイアップが実現したようであります。amazarashiがこの漫画のために書き下ろした曲です。

 その「月曜日」、僕は元々amazarashiが好きだったので何度も聴いていましたが、聴いたことのない読者、読む前の方にも是非聴いてほしいです。というのも、この2つはまるで水谷と月野のように互いが互いを引き立て合っているのです。「月曜日」を聴いてから「月曜日の友達」を読むと、曲の歌詞が漫画の台詞や風景に登場して曲の謎が少しずつ解けていき、読了後にはもう一度「月曜日」を聴きたくなります。「月曜日の友達」を読んでから「月曜日」を聴くと、水谷や月野などの登場人物たちが織り成す感動を音楽という形でもう一度噛みしめることができると思います。

 僕の大好きな本当に、いい作品です。

 と、危うく大切なことを書き忘れてしまいそうになりましたが、そうそう、「月曜日」のPVには阿部共実さんがそのためだけに書き下ろしたアナザーストーリーが収録されています。月野と水谷の会話です。是非チェックしてみてください♪

 普通にも当たり前にもなれなかった僕らは せめて特別な人間になりたかった 特別な人間にもなれなかった僕らは せめて認め合う人間が必要だった それが君で おそらく僕で ゴミ箱にだって あぶれた僕らで 僕にとって君は とっくの昔に 特別になってしまったんだよ

amazarashi「月曜日」より引用)

  これは「月曜日」の中で僕が特に好きな歌詞です。「月曜日の友達」終盤の水谷の台詞が重なりますが、僕にはこうも思えるのです。

 「僕」というフレーズは音楽では女性の一人称としても使われることも多くあるようですが、この曲ではやはり男性の一人称ではないかと個人的には思っています。確かに水谷の台詞に被る部分はありますが、同様に月野の台詞にも通ずる箇所があるのです。つまり僕が提唱したいのは、「月曜日」は月野の目線で書かれた曲という説です。そう考えるとなおさら切なさが胸にこみ上げてきたりします。

 

最後に~大切な存在を大切に

f:id:nenta-moyori:20210303013727j:plain

 とても味深く趣のある作品です。僕は読んでる最中、読み終わった後、現在の自分が孤独なこともあるのかとても友達が恋しくなりました。そして水谷と月野、それから〇〇〇(ネタバレ防止のためとある人物の名を〇に変えています)がこれからも友達、いや親友として共に中学2年、3年、そしてその後の人生をたくましく生きていってくれることを切に祈りました。とはいえ大切な存在だからといってずっと一緒にいなくてもいいのです。あくまでもそれぞれの人生を各々の足で進みながら、例え遠く離れ離れになってしまったとしても、またいつか巡り会う事ができたらそれはこの上なく幸せなことですよね。

 とまあ、フィクションの人物達にここまで感情移入してしまいましたが、それほど良い作品なのです。これを読んでも読まなくても、あなたの身近にいる大切な存在が一瞬でも、以前にも増して際立って大切に見えますように。それでは今回はこれでお別れです。ここまで読んでいただきありがとうございました。また次回、お会いしましょう!

 

情報 / 試し読みなどの外部リンクもあり

  • 発行日:第1巻→2017年9月4日初版第1刷発行 / 第2巻→2018年2月28日初版第1刷発行
  • 出版社:小学館
  • 価格:552円+税

 

 ※以下の画像は少々のネタバレを含みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nenta-moyori:20210410225204p:plain

(2021.4.10更新)

無料でトリック【長編小説~人生を良くするエビデンスを小説に】12話【井の中の蛙達】

読み終わるまでの目安分数:7分

トリックアート「立てかけられたスマートフォン

 本編の長編小説【井の中の蛙達】12話「電話と、不法侵入」からイメージして描きました。(*´∀`)

f:id:nenta-moyori:20200929105608j:plain

※クリックすると音が出ます
youtu.be

初見さんはこちらから↓ 

hibijuuzitu-syotenn.hatenablog.com

 

目次

今回の知識

12話「電話と、不法侵入」【毎週月曜日17時投稿】

※画像はイメージです

f:id:nenta-moyori:20200909171629j:plain

 窓ガラス、街の喧騒(けんそう)、忙しくキーボードをタイプする集団、睨(にら)み合う老夫婦、母親のまな板の音を聞きながら自分の世界に没頭する幼き可能性、日の出を待つ夜烏(よからす)、満月を見上げる野良猫、ありとあらゆる物に見向きもせず、ただひたすらに宙を飛び交う。夜も昼も休むことを知らず、誰にも気づかれない幽霊のようなそれは、ある夜に2人を繋いだ。

 

f:id:nenta-moyori:20200909172135j:plain

 〈久しぶりー。〉

「ご無沙汰(ごぶさた)しておりました。」

〈いや、水臭いわっ!〉

f:id:nenta-moyori:20200909172432j:plain

 まだ眠らない街に照らされた明るい空では、いつもより大きな満月がそれに負けまいと輝きを放っている。その下では、遠く離れた2人の女性が共鳴して安らかな笑い声を電波に乗せた。

 〈はい、今日はどうしましたか?〉

「うん。霞(かすみ)の声を聞きたかったてゆうのもあるんだけどさ、ちょっと聞きたいことがあってね?」

〈私に分かることなら、なんでもお答えしますよぅ。〉

「ありがとう。ていうか、今時間大丈夫?」

〈大丈夫じゃない、と言ったら嘘になる。〉

「はい、ありがとうございます。」

〈はい。〉

 

f:id:nenta-moyori:20200909173250j:plain

 私は今図々しくも水野先生の家にお邪魔している、と言いたいところだが私は嘘がつけない性である。潔(いさぎよ)く白状いたす。彼女は私を招(まね)いたわけではないことは確かだ。なぜなら、彼女が自宅に足を踏み入れてから玄関のドアが閉められるまでの、いささか間もない時間で私は素早くその身を中へと放り投げたからだ。つまり、言葉にすると罪悪感が生じるのだが、不法侵入というわけだ。とはいえ、それは人間にだけ当てはまる掟(おきて)であり、それ以外の生物には適応されないはずだ。だから私は、あなた達にとやかく言われる筋合いは無いと、そう思っている。

 兎(と)にも角にも、水野先生と電話の向こうの女性との会話を、私は聞きたいのである。

 

f:id:nenta-moyori:20200910154021j:plain

「単刀直入にお聞きしますと、いじめについてお聞きしたいんだよね。」

〈いじめ、かー。これまたどうして?〉

「うちの学校でさ、あるみたいなんだよ。」

〈そう。何となくは察してたけど、そうかぁー。やっぱり集団で生活してると、そういうことも起こっちゃうのかなー。うちらもちょっと経験あるよね?〉

「うん。あれはちょっと雰囲気が怖かった。大事に至らずに終わってよかったけど。」

〈ほんとにね。あ、ごめんごめん、ズレちゃったね。それで?〉

「ああ、えっと、まずさ、いじめの被害者の心の状態について私なりに考えたり調べてみたりしたんだけど、霞(かすみ)の意見も聞かせて欲しいんだ。」

〈いじめ被害者の心理かー。〉

「霞(かすみ)、心理学とか詳しいでしょ?」

〈いやいや、子どもの心理とかいじめとかはあなたの方が詳しいでしょうよ。養護教諭なんだから。私はただ読書が好きなだけだし。〉

「まあそうだけど、でも相談も兼ねて聞きたかったんだ。」

〈了解。なんなら、朝まで付き合うぞ。〉

「ありがとう。」

〈ん~む、そうだなー。まず頭に浮かんだのは学習性無力感かな。〉

「がくしゅうせいむりょくかん?」

〈うん。打開することのできない苦難に襲われた時、『ああ、何をやっても無駄だ』って学習しちゃうの。そうなると本当はちょっとのことで乗り越えられることも、端から諦めるようになっちゃうんだよね。〉

「あー。」

〈だから、貧困とか児童虐待とか、それこそいじめとかは、被害者を根本から
容赦なく弱らせるよ。〉

「なるほどねー。」

〈その、いじめられてる子は大丈夫なの?学習しちゃってない?〉

「一応、私に相談してくれたから、とりあえずは一安心ってところかな。」

〈あーよかった。誰かを頼れる力があるだけでもさ、状況は変わるから。よくやった。水野せんせいっ。〉

「うん、でもまだまだ難しいことに変わりはないよ。こういうデリケートなことって、本当に慎重に動かないとまずいからね。」

〈同感。それと、千愛(せな)ちゃんも頼ってよね。私にできることがあったら力貸すからさ。〉

「ありがとう。もう頼ってるけどね。」

〈あっ、そうだね。〉

 

 

f:id:nenta-moyori:20200910155254j:plain

 「あれ、君、入って来ちゃった?」

彼女等の興味深い話しに耳を澄ましていた私の身体に、瞬時に戦慄が走った。

 「ああ、見つかってしまいましたか。これは失礼。」

 努めて目立たない場所つまり天井の隅(すみ)に貼り付いていた私は、向けられた大きな視線にただならぬ恐怖を感じながら、その場に留まることしかできない。

「貴女、申し訳ありませんが、どこかに私が通れる程の出口はありませんでしょうか?今すぐに出ていきますので是非ともご教示願いたい。」

「いいけどさ、私のこと怖がってない?」

「お恥ずかしながら、少なからず。」

「やっぱりね。でも、その必要はないよ。取って食べたりはしないから。飼い主がくれる食料だけで十分満足だからね。」

「そうですか。それは喜ばしいことで。」

「だからさ、そんなところに貼り付いていないで、下りてきなよ。話しをしよう。」

「それでは、お言葉に甘えて。」

 私は壁を伝って少しずつ降下し、高低差が縮まったところで最後はぴょんと飛び降りてべたっと着地した。至近距離で見る大きな彼女は、全身を黒い毛に覆われ大きな青い目を優しく細めている。

 「貴女が、水野先生に(たゆ)みなく癒やしを与えている、コンフォートアニマルですな?」

「そんな大それたものじゃないけど。まあ、そうとも言うのかな。」

「それにしても、あなたは大きいですな。」

「君は小さいね。」

「いかにも。」

「ここまで大小違えば、見える世界も違うだろうね。」

「ですな。」

「そもそもの身体の作りも違うしね。」

「ええ。ひとまず、私は貴女の長くてしなやかな尾っぽに感銘を受けておりますよ。」

「よしてくれよ。そんなに褒めそやしたって、出るものと言えば毛玉くらいだよ。」

「これは失礼。毛玉はどうぞそのままお納めください。」

「いや、年に何度かは吐き出させてくれないと困る。」

「わかりました。」

 私達の間に少しの静寂(せいじゃく)が訪れた。

 

 

 〈やっぱり、自尊心(じそんしん)が下がっちゃう子が多いと思うよ。〉

「自尊心ねー。」

〈そう。それには、セルフコンパッションが役に立つかな。〉

f:id:nenta-moyori:20200910155755j:plain

「ふむふむ。自分への思いやりだね。」

〈そう。言葉にすると簡単なんだけど、これが結構難しいのよ。〉

「わかる気がする。」

自分への甘やかしだって勘違いされることも多いんだけどね、それとは別物なのよ。〉

「うん。」

〈逆に自分を責めたところで、その果に待っているのは自己嫌悪や焦りだからね。〉

「うん。」

人間なんて所詮(しょせん)不合理な生き物なんだから、そりゃ駄目なところもある。それも含めて自分。〉

「うんうん。」

〈だから自分をありのままで受け入れてさ、それから自分はどうしていこうかと考えるのがいいと私は思うんだ。〉

「なるほど。」

〈失敗しながらも少しずつ学んでいけばいいと思うんだ。まあ、イメージとしては大切な友達とか家族が落ち込んでるときに「そういうときもあるよ。」って優しく声をかける感じかな。って長くなった。ごめん。〉

「いやいや、そういうことを聞きたくて電話してるから。大丈夫。」

〈相変わらず、お優しい御方で。〉

「そのままお返ししますけど。」

〈そのまま頂戴いたしますけど。〉

 2人は楽しそうに話しているが、その芯には確(しか)と真剣さが座っている。

 「それから、ストレスとかはどうなのかな。」

〈ストレス?〉

「うん。いじめって想像を絶する程のストレスじゃない?」

〈ああ、そゆこと。それはねー、その通りだろうねー。溜め込んじゃうとまずいかな。ブラックアウトとかもあるしね。〉

「ほうほう。」

〈知ってる?〉

「えっと、停電のことじゃなくて?」

〈イメージとしては似てるけど、それとは別物で、これはねえ、真面目な人とか責任感の強い人に多く見られる現象なんだけど、着々と溜まっていたストレスがある日突然爆発しちゃって、例えば今回のケースで言うならいじめの加害者を我を忘れて殴り殺してしまうとか、ちょっと怖いんだけどね。で、気づいたら警察署の取調室にいて、そのとき初めて自分の罪を知るって感じ。〉

「え、記憶が飛んでるってこと?」

〈そう、もう本当に我を忘れていたからね。お酒を飲む人ならわかるかな。飲み会の席で飲みすぎちゃって記憶が飛ぶとかはよく聞く話だよね。あれもブラックアウト。〉

「ああ、それはわかりやすいね。」

つまり過度のストレスやアルコールで、それまで感情を抑えてくれていたストッパーが外れちゃうわけだな。千愛は大丈夫?養護教諭って大変な仕事なんでしょ?〉

 

続く...( ・ิω・ิ)

 読んでいただき、感謝です! m(_ _)m (^o^)

画像出典

※番号は上からの枚数順↓

※かっこの前の単語は、どの画像かをわかりやすくするため

  1. トリックアート「立てかけられたスマートフォン」(制作・撮影:筆者)
  2. 地球、夜(https://pixabay.com/images/id-1149733/
  3. スマホ、カラフル(https://pixabay.com/images/id-1419275/
  4. 手、影(https://pixabay.com/images/id-984170/
  5. 机(https://pixabay.com/images/id-336373/
  6. 目(https://pixabay.com/images/id-4789730/を加工)
  7. コンパッションな猿(https://pixabay.com/images/id-4654112/

10/4無料で短い【1週間小説~人生を良くするエビデンスを小説に】週.5

f:id:nenta-moyori:20201004145445p:plain

※読み終わるまでの目安:9~15分

目次

 

今回の主な知識

筆者の1週間を小説化「【アルバイト始動】【YouTube始動】【@base3262さんから教えていただいた、健康スイーツ】」【毎週土曜日17時投稿】

※おおよそ2020.9/26(土)~2020.10/2(金)までの内容ですが、時点に多少のずれがある場合があります

※物語にするにあたって少々の誇張はありますが、事実の道筋から道草程度に収まるように努めています。

※画像はイメージです

 

 今週も様々な人や事のうごめきの中で僕も自分の道を進んだ。

 毎朝嬉々ききとしてクローゼットから飛び出すほこりの大群に、「今、あいてる?」と誘われた鼻水達が程なくして同様に嬉々としながら2つの穴からのろのろと降下してゆくのを、ティッシュで優しく受け止めてあげたり、ある日の散歩途中には、クルミ割人形をも割ってしまうのではないかというほどにクルミむさぼり食うリスと目が合って気まずくなったり、

f:id:nenta-moyori:20201004150416p:plain

その帰りには、ショルダーバックをぶら下げた肩とは反対の腕をぶん回す出勤途中の紳士とすれ違い、それから、ごつい車を乗り回す美女とフロントガラス越しに挨拶を交わし、とある日中には、悲しいニュースに視線を落としながらも「自分はどうするのか?」と自問したり、アルバイトの帰り道にはランドセルを背負う何人もの天使達の世間話に囲まれながら疲弊した両足で我が家を目指したり、また、スマホをなくした父親が家中を徘徊はいかいし始めたり、そんなこともあった1週間だった。

アルバイト始動

f:id:nenta-moyori:20201004152846p:plain

 今週から再びアルバイト生活の幕が開けた。少なからずの不安や恐怖を抱えながらも、足を踏ふみ入れた職場には、思いの他親切な淑女しゅくじょや紳士の笑顔で溢れんばかりだった。目の前で繰り広げられるベテランの職人達は、女子高校生のLINE並みに早い言葉のやり取りをしながら、それに圧倒されていた僕にも丁寧に教示を与えてくれる。僕の胸には感謝の念であふれんばかりだった。

 しかし、だからといって仕事が楽だということにはならない。僕にとっては初めての職種でありわからないことばかりだし、仕事ということは趣味と違ってそれなりの責任をともなうわけだ。だから真剣な顔で精一杯に取り組みはするものの、やはりわからないことは沢山あるし失敗を繰り返しもする。その中で、「自分はなんて駄目なやつなんだ。」といささかやけくそな気持ちが芽生めばえているのを、作業の途中でメタ認知が教えてくれた。そう、僕の思考回路は知らずらずの内に「硬直マインドセット」に向かってかたむき始めてしまっていたのだ。

 しかし、自分で言うのははばかられるが、始めて間もないのだから知識不足なのも作業の中に盲点があることも、当たり前ではなかろうか?

 例えば、多くの場合、3歳児が疲労困憊ひろうこんぱいして帰ってくる両親のために「鶏むね肉のトマトソース煮込み」を作って机に並べておくのは不可能に近いし、小学生が、駅前で口論の挙げ句に取っ組み合いを始める酔っ払いの間に割って入って「この時間を僕等がやるべきことに使いましょうよ。」とさとすのは難しい。

 人間は人生を通して成長していくものであり、できないことがあるからこそ頑張る。そして数多くの失敗を経験し、そこから学ぶ。

 それなのに、今の実力だけを見て「愚者ぐしゃ」の烙印らくいんを押して自己嫌悪にひたるのは、根本からおかしな話しである。しかし、頭ではそれを理解していてもいざその渦中にいるときは「硬直マインドセット」の沼に自ら身を投げてしまいそうになるのが今週のとある日の僕であった。

 だから僕は改めて思う。これからも僕は失敗と成功を繰り返しながら、道を進むたびに目の前に現れる障壁や挑戦という名のアスレチックを、勇者にでもなったかのようなニヤケ顔で突っ走っていく。

メタ認知

メタ認知はヒトの脳に生まれつき備わった能力で、『思考について考える』という一段上の認知機能のことです。

 誰でもふと『いま自分は晩御飯のことを考えていたな・・・・・・』などと思った経験があるでしょうが、これなどはメタ認知が起動した典型的な例

(鈴木祐最高の体調 ACTIVE HEALTHより引用)

【硬直マインドセット

「自分の能力は石版に刻まれたように固定的で変わらないと信じている人ー『硬直マインドセット(中略)

(中略)しなやかマインドセット(中略)(中略)その根底にあるのは、人間の基本的資質は努力しだいで伸ばすことができるという信念だ」

キャロル・S・ドゥエック「マインドセット:「やればできる!」の研究」(草思社)より引用)

YouTubeチャンネル開設!絵の制作風景をコマ抜きで!

 今週になって僕はYouTubeにチャンネルを作り、そこに一本の動画を投稿した。

※クリックすると音が出ます
youtu.be

  このブログで勝手に連載している長編小説「井の中のかわず達」。その12話が10月5日に公開予定なのだが、これはその物語からイメージして僕が勝手に描いた作品である。

 一本目の動画として、個人的な満足度はまずまずであり、スマホに気持ち悪がられるような、満足と不満が混ざった微妙な笑みを僕は浮かべたものだ。

 アルバイトとYouTubeという新たな試みの1つ目の扉をなんとかくぐりり抜けた僕は、その達成から得られる満足感や幸福感と共に、わずかなデメリットも感じている。そのデメリットとは、悪い意味で有頂天うちょうてんになりつつある、というものだ。それによって、「もうちょと自分を甘やかしてあげてもいいんじゃねえの?」というセルフコンパッション(自分への思いやり)と似てはいるものの、決して同じではない投げやりな思考を抱いたりもした。

 上手くいっているときは誰しも「いい気分」になるのだが、その副作用である「モラルライセンシング」には注意する必要がある。今回の場合でいうなら、いい気分によってバイアス(かたよった思い込み)がかかり、例えば「いつもは論外だけど、今日は目の前にある砂糖たっぷりの既製品のお菓子を食べちゃおうかな。」などと適切な判断を下せなくなってしまうのだ。

f:id:nenta-moyori:20201004153318p:plain

 その「いい気分」は、成るがままにしていれば、まるでうなぎのように動き回り闇雲やみくもに消費されてしまう。だから、逆境の最中にいるときだけでなく上手くいっているときも同様に、客観的に自分を観察して考えながら、そのうなぎの手綱を握る必要がある。そしてぬるぬるとしたその活力を、前進するための推進力または潤滑剤にして、僕はつるつると足を滑らせながらも、目指す方向に進んでいきたい。

自然の甘みで体に良きな最強デザート!

f:id:nenta-moyori:20201004153644j:plain

 僕の体内で住み込みで働いてくれている社員の1人に「食欲」さんがいる。彼は会社の存続や繁栄はんえいのために日夜働いてくれているのだが、時折ときおり調子に乗って仕事をやり過ぎてしまうときがある。今「仕事をやり過ぎてしまうなんて、うらやましいなぁ。」と思われた方も多いかもしれないが、「過ぎる」ということは文字通りに適切な量を越えているというわけであり、それは時として、例えるなら薬効よりも副作用の方が強い薬、つまり毒となりかねないのだ。

 話を戻すと、「食欲」さんの暴走によって職場内の例えば「生活リズム」さんや「健康」さんが、気分を害してしまう。そして下手をすれば「自尊心」さんが「俺、もう帰るわ。」と言い始めることもある。

 だから「食欲」さんがなにかの拍子に調子に乗り、ニヤケ顔で無駄なジャンプを繰り返し始めたときは、いくつかある部門の中の「前頭葉」の尽力のもと、一方では「彼をどう説得しようか」もう一方では最後のかなめとして彼の暴走を受け入れる準備を整えるのが当社の方針となっている。

 その1つの策としてTwitterに自社の経営の状況を株主に報告した。それがこれだ。

 実をいうと、もうお分かりの通り、取引先の東京中央銀行半沢直樹さんにも「今日ぐらいいいじゃありませんか。」と誘惑されたのだが、それはこの話しの中では省かせていただく。

※これは「テレビドラマ『半沢直樹』を見てダラダラしたくなった。」を比喩ひゆとして僕が勝手に作り上げた妄想であり、主演の堺雅人さん及び原作を手掛けた池井戸潤さんを始めとする関係者の方々、またはその作品を侮辱ぶじょくするものでは決してありませんのでお許し願います。

 そのとき、一人の御方おかたひかえめに右手を上げて、崖っぷちの我社にアイデアを与えてくれた。

 前のめりになりすぎて一回転してしまうのではないかという勢いで、その人の話を聞いていた僕の脳には多くの有意義な知識が流れ込んできた。その最たるものが以下である。

  まずブルーベリーの良い噂は頻繁ひんぱんに耳にするから間違いないし、ダークチョコレートに含まれるカカオにも良い効果があり、ヨーグルトは発酵食品だから腸内環境の改善に役立つ。というようことをへい社もなんとなくは知っていたが、それを組み合わせるという発想はなかった。

 僕達は、社内に1つもなかったダークチョコレートをクルミで代用したものの、程なくしてそれを実践に移した。そして「いざ実食!」という号令のもとにスプーンを口に入れた我々は共に嬉々とした声を宙に投げた。

 ブルーベリーやヨーグルト、そしてクルミの自然な甘みが口の中に広がり、柔らかさと硬さのギャップのある食感も面白かった。

 僕等は皆、薄味なので、他社の場合はデザートとしては物足りなく感じるかもしれないが、その場合は@base3262氏のアドバイス通りに「ダークチョコレート」を投入するのがいいだろう。

 ただし、多くのチョコレートに添加されている砂糖は様々な病気のリスクを上げるので、砂糖の割合が低く「カカオマス」や「ココア」などのカカオ豆が原料のものの割合が高いもの、あるいはもういっそのこと「100%カカオ」のものを選ぶと良いかもしれない。Amazonで検索してみると実際、カカオ100%の物があった。ただし、カカオ100%に甘みがあるのかどうかは社員の誰一人としてそれを食べたことのない我社にはわかりかねる。もしかすると、クルミと大差はないかもしれない。

 この@base3262氏の有り難いアドバイスは我社の成長の大いなる推進力となった。この場を借りて@base3262氏に、今一度感謝申し上げたい。

 ちなみに、駄目押しとしてとある書籍からの引用と、@base3262氏によるこれらの食品の効能の解説を是非ともご覧頂きたい。そして、もしよければ、Twitterアカウントをお持ちの方はこの方を「フォロー」してみてはいかがだろうか?

「チョコレートに関して一番よくわかっているのは、高血圧の患者の血圧を下げる作用がある★2ということである。」

津川 友介「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」(東洋経済新報社)から引用)

 

おわりに

 さて、僕の今週はこんなところだ。今週も、会ったことがあるないに関わらず、沢山の人の存在が僕を支えてくれた。あなたの今週はいかがなものだっただろう?

f:id:nenta-moyori:20201004155448p:plain

画像出典

※番号は上からの枚数順↓

※リンクの前の単語は、どの画像かをわかりやすくするため

  1. トップ画像(https://pixabay.com/images/id-1587287/

  2. リス(https://pixabay.com/images/id-3786845/

  3. 「JOB」(https://pixabay.com/images/id-2697951/

  4. 「いいよね!」(https://pixabay.com/images/id-332278/

  5. ブルーベリー(https://pixabay.com/images/id-2281/

  6. キリン(https://pixabay.com/images/id-627031/