一度は聞いたことがある人名のような名前の花5選!(雑学豆知識)

f:id:nenta-moyori:20190321074135j:plain

 

 どうも!日々充実書店の最寄然太です!

 

最近は日本各地で春を感じさせる暖かい風が吹き始めています。

 

季節の訪れを我々人類よりも敏感に感じ取り芽吹き始め、枯れるそのときまで鮮やかな色を見せてくれる

 

そのにも多くの種類があり、それぞれのあり方で美しく咲き誇ります。

 

 今回は、一度は聞いたことがある人名のような名前を持つ

 

5種類挙げ、特徴花期花言葉原産地をご説明します。

 

あなたの周りにも今回紹介する花のような名前の人がいるかも知れません。

 

果たしてどんななのでしょうか。

 

 ここで少し知識を得てみてはいかがでしょう?

 

まとめだけでも見て行ってください!

 

 

 目次

 

 

エリカ

 

(学名:Erica)

(英名:Heath)

(和名:エリカ

 

f:id:nenta-moyori:20190321074140j:plain

 

特徴

 

 常緑低木または常緑中木。たまに常緑高木

 

 木の高さはほとんどが1m以下の低いものですが、品種によってはそれ以上になることもあります。

 

 葉は小さく針のような形をしておりも小さく、細い枝を覆い尽くすように沢山咲きます。

 

 視界を埋め尽くすようにや葉がなるその見た目はとても豪華です。

 

 

花期

 

 品種によって春夏秋冬、様々です。

 

 

花言葉

 

 エリカ全般の花言葉には「孤独」、「寂しさ」、「裏切り」などがあります。

 

 自然に自生するエリカは人も草木もない荒野で、孤独に咲くことからエリカにはこのような少しネガティブ花言葉がありますが、

 

品種や色が違うだけで花言葉驚くほど多様ポジティブ花言葉をもつエリカもあります。

 

 

原産地

 

 大部分が南アフリカで、その他はアフリカの他の地方地中海地方ヨーロッパなどです。

 

 

カンナ

 

(学名:Canna)

(英名:Canna , Canna lily)

(和名:カンナ

 

f:id:nenta-moyori:20190321074144j:plain

 

特徴

 

 落葉多年草

 

 背丈は、小さいものでは40cmほどで大きなものになると2m近いものもあります。

 

 大きな大きな葉が特徴的です。

 

 日当たりの良い場所で育ち、日光に照らされたその姿は夏を連想させます

 

 

花期

 

 6月~10月です。

 

 

花言葉

 

 花言葉には「情熱」、「快活」、「永遠」、「妄想」などがあります

 

「情熱」や「快活」は真夏の強い日差しに負けない強さと鮮やかな姿が由来です。

 

「妄想」は色鮮やかで幻想的なカンナの姿から来ています。

 

 

原産地

 

 熱帯アメリです。

 

 

カスミ ソウ

 

(学名:Gypsophila elegans)

(英名:Baby’s breath , Gypsophila )

(和名:霞草(カスミソウ)) 

 

f:id:nenta-moyori:20190321074149j:plain

 

カスミソウは英名でBaby’s breath

 

赤ちゃんの吐息や愛しい人の吐息という意味です。

 

 

特徴

 

 一年草または二年草。あるいは多年草

 

 背丈は1mほどに成長します。

 

 まるで霞がかかったかのように、ふわふわとした小さなが無数に咲きます

 

の色は白やピンク、紫が多いです。

 

 

花期

 

 5月~8月です。

 

 

花言葉

  

 花言葉には「清らかな心」、「感謝」、「親切」、 「幸福」、「無邪気」、「夢心地」などがあります。

 

「清らかな心」は可愛らしくて清楚で奥ゆかしいカスミソウの姿からきています。

 

 また「感謝」という花言葉があるように、感謝を伝えるときの花束の脇役としては欠かせない花です。

 

f:id:nenta-moyori:20190321082357j:plain

 

 英名がBaby's breathというのも納得できるほど、素敵な花言葉ばかりです。

 

 

原産地

 

 アジア、ヨーロッパです。

 

カリン

 

(学名:Pseudocydonia sinensis)

(英名:Chinese quince)

(和名:花梨 , 榠樝(共にカリン))

 

f:id:nenta-moyori:20190321074117j:plain

 

 カリンには、同名ですが全く別物のバラ科カリンマメ科カリンがありますが、

 

ここでご紹介するのはバラ科の方です。

 

 

特徴

 

 落葉高木

 

 5枚の花弁からなるピンクや白の淡い色のを咲かせます。

 

 葉は互い違いに生え、倒卵形または楕円状卵形

 

 10月~11月に収穫期を迎える果実は黄色く大型で、

 

酸味や渋みが強くさらに硬いために生で食べるのには向いていません。

 

そのため、ジャムや果実酒に用いられます。

 

また、咳などの喉の炎症に効くとされ、のど飴に配合されることもあります。

 

f:id:nenta-moyori:20190321074121j:plain

 

花期

 

 3月~5月です。

 

 

花言葉

 

 花言葉には「豊麗」、「優雅」、「唯一の恋」、「可能性がある」などがあります。

 

 

 「豊麗」は春に淡い色の綺麗なを豊かに咲かせることからきています。

 

 

原産地

 

 中国です。

 

 

サツキ

 

(学名: Rhododendron indicum)

(英名:Satsuki azalea)

(和名:皐月(サツキ))

 

f:id:nenta-moyori:20190321074126j:plain

 

特徴

 

 常緑低木。  

 

 背丈は30cm~100cm

 

 5つの花弁からなる赤や白、ピンクや赤紫などの色鮮やかなを咲かせます。

 

 葉は小さく固く、披針形あるいは幅の広い披針形

 

 猛暑、大気汚染など過酷な環境でも強く育つ生命力が強い

 

 そのため、交通量の多い道路沿いに植えられていることがあります。

 

 

花期

 

 5月~6月です。

 

 

花言葉

 

 花言葉には「節制」、「節約」、「貞淑」、「幸福」、「協力を得られる」などがあります。

 

「節制」や「節約」はサツキ岩場や石垣などの水が少ない場所でも、増水すれば水に流されてしまいそうな川沿いでも、強く生きることから来ています。

 

 

原産地

 

 日本です。

 

 

まとめ

 

f:id:nenta-moyori:20190321074130j:plain

 

エリカ

 

 低木細い枝を覆い尽くすように小さなが咲く。

 

花期は品種によって春夏秋冬さまざま

 

 

カンナ

 

 背丈は40cm~200cm大きな花と大きな葉が特徴的で、夏にぴったりの花

 

花期夏~秋

 

 

カスミソウ

 

 背丈は1m程霞がかかったかの様に、ふわふわとした小さな花を無数に咲かせる。

 

花期春~夏

 

 

カリン

 

 バラ科で高木

 

春には淡い色の花を咲かせ、秋には喉の炎症に効果がある実をならす。

 

 

サツキ

 

低木生命力が強く、赤や白などの花を咲かせ披針形の葉は小さく硬い

 

花期春~夏

 

 

最後に

 

f:id:nenta-moyori:20190321083414j:plain

 

 今回ご紹介した花のような名前の人がいたら、今回得た知識を話の中に少し入れてみてはいかがでしょう?

 

話が弾むかも知れません!

 

 さあ、今回も少し知識を得たことでまた一歩日々が楽しいものになったのではないでしょうか?

 

それでは!